ライブのMCで、やっぱりさあ、人生からは逃げちゃダメなんだよねぇ。と、好きなアーティストが言っていた。その人は、かなりきれいでかわいくて、愛されていてそれでも裏ではたくさん苦しんでいる、というのを常に滲み出している人で、そんな人が逃げちゃダメだと言っていた。自分に対して、逃げちゃダメだなぁとちょうど思っていたからそれを聞いて「やっぱりそうだよねぇ」と思えたのが少しだけ心強かった。

自分からも他人との関わりからも、勉強からも運命からも逃げずに立ち向かうみたいな、言葉にしてしまえば簡単に言えるけど、ホントのところではよくわかってない。言葉の使い方も下手だ。なんかもう、自分ひとりの部屋にいるとなんも手につかないという日々が続いていて、立ち向かうどころではない。それなのに人目は気になるから外ではビクビクしてしまうし、病院へ行ってせいしんてきなくすり(飲んだことない)を処方してもらったほうがよいのではないか、とわりと真剣に考えている。こんなに余裕が無いくせに友達を遊びに誘って、もちろんこういうときはあっさり断られるって相場が決まってるから、この世の終わりみたいな気持ちになっちゃったりして、本当にばかだな。ばかみたいだな。へんなものばかり引き寄せて。幸せからどんどん遠ざかっている気がしてこわい。